ペニスを大きくさせる成分はシトルリンと○○!

アミノ酸

 

ペニスを増大させるために必要な成分は4つあります。
それは以下の4つ。

 

シトルリン
アルギニン
トリプトファン
オルニチン

 

これら4つの成分が配合されている増大サプリを選ぶようにしましょう。
では、なぜこれら4つの成分がペニス増大に効果があるのか、詳しく解説していきます。

 

 

◆シトルリンとアルギニンが血流を改善
シトルリンとアルギニンは血流を改善してくれるアミノ酸の一種です。
アミノ酸とはタンパク質を構成する物質で、体内で作り出すことができないので食事やサプリメントで摂取が必須な「必須アミノ酸」と、体内で作り出すことができる「非必須アミノ酸」があります。
アミノ酸は体に無くてはならない栄養素で、体を健康に正常に機能させている、超重要な栄養素です。

 

アルギニンは体内に入ると、体内の酵素を結びつきシトルリンに変化します。
その際、一酸化窒素という成分を生成するのですが、一酸化窒素は血管を柔らかくして拡張する働きがあります。
血管が拡張すると、血管内の血液の流れが良くなるため、体中の血液循環が良くなります。

 

そもそも、勃起というのはペニスに血液が充満した状態のことで、ペニスに集まった血液をペニスの海綿体細胞という細胞が吸収すると、海綿体細胞が膨張して硬くなることで勃起が起きます。
ペニスを大きくするにはペニスへの血流を増やすこと、ペニスの海綿体細胞を大きく成長させることが必要になります。

 

この2つの効果を実現してくれるのが4つのアミノ酸、シトルリン、アルギニン、トリプトファン、オルニチンなのです。

 

シトルリンとアルギニンはお互いにお互い、化学変化を起こします。
シトルリンはアルギニンに、アルギニンはシトルリンに変化します。
シトルリンがアルギニンに変化する際、一酸化窒素を生んで血流を改善してくれますが、アルギニンからシトルリンに変化する時は、特に何も起こりません。
シトルリンと酵素がある限り、一酸化窒素を生み出すため、シトルリンとアルギニンを一緒に飲むことで相乗効果も上がります。

 

こんな研究結果があるんですが、シトルリンのみ、アルギニンのみ、シトルリンとアルギニンの3パターンを飲み比べた時、血中の一酸化窒素濃度が最も高かったのは、以下の順番でした。
シトルリンとアルギニン
シトルリンのみ
アルギニンのみ

 

シトルリンとアルギニンのみ単体で摂取しても対して差はありませんが、シトルリンとアルギニンを一緒に摂取した時は、シトルリン単体の約1.8倍もの一酸化窒素濃度が高まったそうです。
そのため、アルギニン、シトルリンをセットで配合しているサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

◆トリプトファンとオルニチンが成長ホルモンを分泌
ペニスを大きくするにはペニスの海綿体細胞を成長させる必要があります。
海綿体細胞はペニスを構成している細胞で、スポンジのように血液を吸収して大きく膨らむ性質があります。
この海綿体細胞を成長させるには成長ホルモンの分泌が必要になります。

 

成長ホルモンはその名の通り、体を成長させてくれるホルモンで、成長期に最も多く分泌されます。
17歳をピークに成長ホルモンンの分泌は減っていきますが、大人になってからでも成長ホルモンの分泌はあります。
成長ホルモンンが最も多く分泌される時は、睡眠中です。
ただ眠っている時ではなく、グッスリとした深い睡眠中に成長ホルモンは分泌されます。
「寝る子は育つ」っていうのは科学的に根拠のあることだったんですね。

 

そんなグッスリとした深い睡眠をサポートするのがトリプトファンです。
トリプトファンはリラックスする時に出るセロトニンやメラトニンの原材料になるものです。
睡眠前にトリプトファンを飲むことで、深い睡眠を誘発し、成長ホルモンの分泌を活発にしてくれます。

 

また、オルニチンというアミノ酸は成長ホルモンの分泌をコントロールしている「脳下垂体」という部分を刺激することで、成長ホルモンの分泌を盛んにしてくれます。

 

ペニス増大させたいならトリプトファンとオルニチンの配合された増大サプリを選びましょう。

 

 

◆ペニス増大成分のまとめ
ペニスを増大に必要な成分はシトルリン、アルギニン、トリプトファン、オルニチンの4つのアミノ酸です。
これら4つのアミノ酸が配合されている増大サプリはあまりありません。
しかし、ゼファルリンはこの4つのアミノ酸を配合しています。

その効果については私の体験談を見てみてください。